Skip to main content

   アトラス忠岡カイロプラクティック院

      ―肩こり・腰痛・骨格矯正の専門院―

ホーム
ご来院の前に(必読)
当院の詳細
使用するテクニック
カイロプラクティックとは
サーモグラフィー検査とは
骨と病気の関係
日常の悪い動作
お問い合わせ
LINEで友達クーポンゲット

○骨と病気の関係

 骨のズレは実に多くの病気を引き起こします。特に首や腰の骨はズレやすい構造になっているために、首の痛み・肩のコリ・腰痛・手足のしびれなどの症状が発生しやすいのです。

 症状はあるのに、病院の検査で異常が無い場合には機能的疾患と考えられます。こういうときはカイロプラクティックの効果が期待できます。

 

●生理弯曲
 人の体の中心には、首から腰にかけて合計24個の骨が縦に並び、体を支えてくれています。あと仙骨と尾骨を含めた骨を「脊柱(せきちゅう)」と呼んでいます。
この骨には、正しい形というものがあり、その形が崩れたときに人は体に支障をきたすのです。後面から見た骨は当然のことながらまっすぐになっているのが正しいのですが、側面から見たときはどうなのでしょうか。側面から見たときの正しい骨の形というのは、頚椎が前弯、胸椎が後弯、腰椎が前弯とS状になっているのが本来の正しい骨の形なのです。この一連の骨格の形状を「生理弯曲(せいりわんきょく)」と言います。
 人間は、生まれたときは、この弯曲がなく、まっすぐな形をしています。その後約3ヶ月ほどで頚椎に前弯が形成されます。「首がすわる」という時期がこれにあたります。
 次に形成されるのが腰椎の前弯です。これはハイハイをすることにより腰椎に前弯を作ろうとします。そして骨盤の周りにある筋肉が鍛えられ、最終的に二足で歩行を始めるのです。カイロプラクティックでは、この「生理弯曲」を重視しています。

 

・症状の推移

不調の部分に何らかの対処療法を施したとき、一時的に自覚症状がなくなることがあります。すると、あなたは元気になったと錯覚してしまいます。しかし、根本的な原因を改善させない限り、本当の健康を取り戻すことは絶対にできません。対処療法だけでは必ず再発してしまいます。前より悪くなって再発してしまうこともあります。
再発を繰り返すことにより、感覚マヒが起こり、もうどこが痛いのかだるいのか分からなくなってきます。感覚マヒまで来ると、根本的な原因も封印されてしまい、施術も困難になってきます。
「痛い・だるい・シビれる」があるうちに根本となる原因をきちんと探して施術をすることがとても大切です。
       

    

 骨の歪みは実にさまざまな症状を引き起こします。また、骨は3次元の歪みを発生させ、複雑な変位を起こしてしまいます。これら3次元に歪んだ骨を適確に矯正することで、最短期間で症状を改善させることができます。

 カイロプラクティックでは、その独特の検査方法や触診技術により、根本的な原因となる部位の特定が可能です。
 骨の歪みによる体の不調であれば、そのほとんどが改善します。持病だとあきらめることなどまったくありません。
 ずっと健康でいられる!そんな体でいるためには骨の歪みを決して無視することはできません。

 

改善後も、1度ゆがんだ身体を放っておくとまたゆがみます。予防のためにも1ヶ月に1度は施術を受けるように心がけてください。